婚活の需要と供給のはなし

婚活について
気づいたことが
あります。

需要と
供給の
はなし
なんですが

私が
乗ってる
レールがそもそも
違うんだなということに
気づいた
というのが
大きかったです。

今日は
その点について
考えてみますね。

婚活の需要と供給のはなし

それでは、行ってみましょう!

さて
婚活の
需要と
供給について
考えています。

最近の
気づきとして

自分には
マッチングアプリや
結婚相談所
または
婚活サービス
といったものが
そもそもあっていない

ということに
気づきました。

これには
明確な
原因が
ありまして

需要と供給の
バランスの
問題だなと
感じています。

需要と供給のはなし

私の
学生時代の
はなしなんですが

学生時代は
女性のほうから
告白されて
付き合うことのほうが
多かったタイプでした。

勉強もできましたし
それに加えて
音楽的な要素もあり
学生の時は割と
モテてましたね。

もう
昔のはなしですがw

婚活の
アプリや
Twitter婚活の
アカウントなどで
世間をみていると

学歴
年収
容姿
などで
相手を選んでいる方が
多くて

あまり
内面を
みていない方も
かなりいるなぁという
印象です。

まぁ
わざわざ
そうやって
婚活ということを
するくらいなので

学生時代とかも
全然お付き合いの経験も
なくて
自分から
告白みたいなことも
ないような方々なんだろうなと
察しました。

自分の
男を見る目が
肥えていないので

年収や
学歴といった
外的な要素でしか
相手を判断
できないのかもなぁと
かなり感じます。

自分から
告白するのって
すごくエネルギーとか
使うわけですけども

そういう
度胸もない状態で
受け身だったりすると
まぁ恋愛は
難しいですよね。

気づいてしまったのが
こういう
婚活の文化みたいなものが
そもそも自分には
全然あってない
ということでした。

まぁ
何もそういうことを
していなくても
過去女性からお声が
かかるような状態だった
というのを考えると

これは
需要と供給で
場違いなところに
いるのが
私に彼女ができない
大きな原因
だと思います。

なんかこう
いる集団の和を
間違えている
イメージですね。

マッチングアプリみたいな
ものも
だいぶやりましたが
まったく彼女ができる気配が
なく

お金だけを
無駄にしていましたので
もう飽きてしまいました笑

婚活女性って
なんで
あんなにメッセージとか
続かないし遅いんだろうなと
思いますね。

まぁ
私が
乗っているレールが
違うようなので

路線変更を
して
外に出るような
生活に
切り替えようかなと
思います。

外に
出ないと
出会いも
ありませんからね。

ちょっとずつ
やっていこうと
思います。

まとめ

今日は
婚活の
需要と供給という
おはなしを
しました。

アプリとか
相談所は
そもそも
私は
いる場所じゃない
と感じたので

作戦を
変えていこうと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718481745