統合失調症の人にオススメの仕事

こんにちは。最近落ち着いてきて、お金をちょっとずつ稼げるようになってきたので、こういう記事を書こうと思いました。いままではまとめるのに大変かなと思っていたことや、無責任な記事はかけないと思っていたので、プレッシャーもあったのですが、思い切ってかいてみようと思います。よろしくお願いいたします。

仕事の前に

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: daria-nepriakhina-gm3bxHin8VA-unsplash-1024x577.jpg

まずは、しっかりと休めているかチェックします。お薬の飲み忘れはないか。また必要に応じて医師に働いても良い状態か聞いてみると良いと思います。

統合失調症には4つのステージというのがあります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: stage_im01.png
https://www.mental-navi.net/togoshicchosho/understand/stage/ より引用

急性期は入院も必要で大変な時期です。休息期はゆっくりと寝て、栄養を取り回復を待ちます。統合失調症の人が仕事を探すタイミングはこの図の回復期で落ち着いてきたところからです。

目安としては、外に出かけるのが苦でなくなったり、親しい友達と電話するようになったりするようになったらでしょうか。電話に出れるくらい元気になれば、仕事のことを考えても良いと思います。

休息期は食事・運動・睡眠の三本柱をキープしながら、しっかり休みます。療養中は暇だと思うので、私はポケモンGoをしていました。Goはあまりお金もかからないので、オススメです。運動しろって言われても何していいかわからないので、たくさんポケモン捕まえるくらいのモチベーションでやると良いと思います。

そういう状態を経て、いざ、仕事を探そうというふうになったタイミングで読んでいただければと思います。まずはしっかり療養して、英気を養うところからが仕事のスタート地点です。いっぱい遊びましょう。

オススメの仕事その1:WEBライター

WEBライターの仕事は統合失調症だけでなく、うつ病などほかの精神疾患を抱えている方にもオススメしています。すぐに仕事にできること、またパソコンさえあれば良いのでそんなに投資にお金もかからずすぐに始められることや誰でも始められるので、SEOの勉強などがこの後で紹介するブロガーなどの仕事にも応用できるからです。

仕事の請け方としては、いきなり仕事を受けてしまえばOKです。Lancersやクラウドワークスを使って、1円以上の単価の仕事に絞って受けてみましょう。

私もWEBライターはやろうとしたことがあったのですが、締め切りがある仕事なので、向いておらず、挫折しました。すぐに稼げてお金になるので、合えばとても良いなと思ったのですが、精神的な波があり、断念しました。私は次の項目にあるブロガーをメインにして収益化しています。

オススメの仕事その2:ブロガー

1よりかなり大変です。WEBサイトをWORDPRESSなどで立ち上げて、ブログを更新していくスタイルになります。私は365日毎日更新していますが、これはかなり負担が高いです。ですが、統合失調症の方にはメリットもあるスタイルになります。

まずブログですが、ブログ自体はストックの仕事になるので、体調不良などで調子が悪く、仕事ができない時もサイトが稼いでくれます。WEBライターの場合はフローの受注の仕事になるので、仕事を受けていないとお金は入ってこないのですが、ブログは書いてためておけば読まれてお金が入ってきます。統合失調症の患者さんは私のように波が大きい方も多いと思いますので、ブロガーの仕事はオススメできると思います。

ただし、いくつか注意点があります。いきなり高い情報商材は買わなくてOKです。世の中には30万とか50万とかする商材を売りつけようとする人もいます。焦っている人を狙っているんだと思いますが、まずは1万ちょっとの情報商材を、買うのであれば、という感じで良いと思います。収支に見合った活動って大事なので、先行投資はほどほほどに。先ほども述べましたが、パソコンがあれば仕事になる点がオススメの点でもあるので、時間のある方向けになります。

ブロガーになるために必要な情報ってネットにすでにたくさんあるので、無料でいくらでも勉強できます。後はその人次第なので、調べてみましょう。

良いことづくめに見えますし、ブロガーの中には月収200万、300万って方もいるので(年ではなく月です)一攫千金が狙えて夢もあります。ただし、要注意な点もありますので、そこを抑えて考えてください。

まず、ブログなんですが、収益化になるまでにとても時間がかかります。WORDPRESSなども覚えないといけないですし、私の場合は実際に収益化するまで800日くらい毎日更新していました。それまで方法がわからなかったというのもあります。でも多くのブロガーさんは最初の三ヶ月、半年くらいはタダ働きということで、意見がほぼ一致しているようなので、そのくらいは無給でやると思ってください。それが嫌ならWEBライターの仕事も並行して受けてみると良いと思います。ストックのブログとフローのライターの仕事は組み合わせると太い束になるかもしれませんね。

ブロガー界隈では、「毎日3記事を三ヶ月で月10万」というふうに言われるようですので、こちらも参考に。最初の100記事をベースにしてみると良いと思います。

オススメの仕事3:WEBデザイナー

WEBなんちゃらが多い気もしますが、WEBを使った仕事をメインにオススメしています。次はWEBデザイナーです。こちらを勧めるのには、精神医学的な背景があります。

みなさんはルイス・ウェインの統合失調症の猫の絵ってご存知ですか?こんな絵です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1484823499.jpg
https://www.artpedia.asia/louis-wain/ より引用

これは統合失調症を患うことによって可愛らしい猫の絵が変わってしまったという絵になります。統合失調症では広く、認知機能が低下して、認識と知識が変化することが言われていますが、どういうことかというと、統合失調症の中には、独特の美的感覚を持っている方もいるということです。

WEBデザイナーはデザインをする仕事になるのですが、パンフレットだったりロゴ制作だったりバナーだったりを作るところからスタートします。こちらもクラウドワークスやLancersでコンペ形式で仕事が出ていますので、そういうところから応募してみると良いと思います。

WEBライターやブロガーさんたちに比べてややスペックの高いパソコンが必要で、仕事として大きくしていくならAdobeのソフトなども欲しいところですが、まずはAffenity系の安いデザインソフトで受注をこなしていくと良いと思います。

コンペなどで小さい賞金のものは倍率も低いので、そういうところからちょっとずつ応募してみましょう。こちらも高い教材などをいきなり買うのではなくYouTubeなどで講座を探してみるのがオススメです。Udemyなども良いかもしれませんね。

ある程度グラフィックソフトの操作などになれたらWEBプログラミングを学びます。こちらもProgateなどの講座が良いと思いますので、月いくらか支払って学んでみましょう。

こういうクリエイティブは世界は実際にポートフォリオがものをいいますので、資格を持っているより良いものが作れることをアピールできるものの方がいいと思います。

オススメの仕事4:WEBプログラマー

WEBなんとか系で、プログラマーも良いと思います。オススメというより、私が実際にやってみたいと思ったのはWORDPRESSのテーマやプラグインを作る仕事です。こちらはHTMLやCSSに加えて、PHPの学習が必要になるので、やや敷居は高いのですが、プログラミング的な素養のある方や興味のある方はやってみても良いと思います。

こちらはブロガーをやっている方がWORDPRESSを使っていて、興味を持つことがあるようです。こちらは時間制ではなく、ストックの仕事になるので、置いておくだけで売れます。メンテが必要で、専門的な知識はいるので、ハードルは高いのですが、やってみる価値はあるかなと。

WEBなんとか系を勧めるのは場所や時間に縛られない職種だからですね。

その他のオススメの仕事

私がやっていること、やってみたかったことをベースに2つほど紹介します。

1つやっているのは作曲の仕事です。こちらは10年以上DTMでの作曲に慣れており、実際に業務でも対応できるくらいのクオリティのものは作れる自信があります。万人向けではないのですが、最近は音楽業界もフロー中心からストック中心と言われているようで、このサイトでフリー音源などを公開して収益化しています。こちらは先ほど紹介した猫の絵の音バージョンでしょうか。

もう一つ気になっていた仕事としては翻訳の仕事がありました。英語の翻訳の仕事です。見ているとちょくちょくやっている統合失調症の方がいらっしゃるようです。会社の出すトライアルに通れば誰でも門が開かれていることや多様性が認められ、やや変わった人の多い業界でもあり、ありのままが受け入れられやすいと思いますので、能力があれば良いかもしれませんね。

以上統合失調症の方にオススメの仕事でした。何かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716072957