音楽だけでやっていく気持ちに一区切り

この
二週間ほどで

仕事についても
はっきりしてきたことが
ありました。

ずっと
音楽については
決まらないところも
あったのですが…

事故を
きっかけに
記憶が蘇り

思い出したことが
ありましたので

今日は
それについて
書きますね。

音楽だけでやっていく気持ちに一区切り

それでは、行ってみましょう!

さて
昨日は
通院日でした。

父親と
一緒に
受診して

親にも
病状について
理解してもらい
サポートを
得ることが
できました。

お薬も
とんぷくが
ちょっと出ていますが

短期間で
なんとかなるだろう
ということです。

予定通り
4月から
ちょっとしたら

就労継続支援A型での
勤務がはじまりそう
です。

かなり
ホッとしています。

音楽でやっていきたい!という気持ちはいまはない

さて
本題に
はいっていきますが

いろいろと
振り返ってみたんですが

音楽だけで
やっていきたい!
という気持ちは
いまはない!

ということ。

二足のわらじを
はくのは
音楽に
失礼だ


感じたため

音楽は
趣味程度に
やっていくことに
なりそう

ということですね。

音楽でメシを食う
みたいなはなしには
いろんな側面が
あると
思います。

私の場合は
大学生で
進路について
考えた時も

それだけで
バリバリやっていく!

ということは
イメージとして
なかったようです。

Eternal Wind
という
音楽投稿サイトに
楽曲を
投稿していた時期が
ありました。

その仲間に
エビスさんという
方がいて

たまたま
オフ会で
音楽について
聞かれたことも
あったのですが

私の場合は

音楽を
長く続けたい!

という
気持ちが
強かったようです。

それだけで
バリバリ
やっていきたい!

というよりも
ライフワークとして
取り組みたい
という気持ちのほうが
強かったんですね。

当時から
体調を
崩していたので

専業じゃないと
続けられないような
気がする

という
自信のなさを
感じている
部分も
あったようです。

いま思うと
その程度の
気持ちでは

音楽では
食べていけるようには
ならないですし

そこまで

音楽で
お金が欲しい!

とは
思っていない

ようでしたね。

この部分に
関しては

あまり
当時と
変わっていない
ようでした。

良いものが残せるほうを選ぶ

音楽については
三種類の人がいる
というような
記事を
書いたことが
ありましたね。

自分が得てきたものを社会に還元していく

その時に
まとめたのは

  • 職業作家として専業でやった方がいい人
  • 仕事は別に持ち、音楽は趣味でやった方がいい人
  • 仕事に音楽を取り入れてやっていくと良い人

この三つがあるなと
考えていました。

音楽を
やる人なら

一度は
それだけで
やってみたい!


考えるのは
自然だと
思いますし

挑戦する価値も
あるなと
思います。

私の場合も
かなりいろいろと
試して
チャレンジすることが
でき

自分が
納得するところまでは
音楽ができたな!


感じることが
できました。

音楽の
魅力って
すごいですよね。

ですが
その時も
そうだったのですが

やはり
統合失調症というのは
大変な病気で

慢性疾患でも
あるので

治療期間や
療養期間といった
時期でもあり

ほかの
仕事が難しいので

リハビリとして
取り組んでいた
ところは
ありました。

持病のほうが
持続性注射という
注射に
切り替わり

そろそろ
ほかに
会社員のような感じで

仕事をすることも
考えられるように
なり

次は
自立に向けて
動こう

という
気持ちが
強くなって
いました。

周りからは
どう見えているかは
わかりませんが

これに
関しては

自分が
どうしたいか

という
気持ちが大事


思います。

私の場合は
音楽以外の仕事も
音楽にうまく
いきてくるだろうなと
感じています。

なので
仕事は仕事で
頑張って

音楽では
作品を残す

ということを
意識して
やっていこうと
感じています。

フリーサイトは
良いと感じたので
続けてみたいなと
思いますね。

人との出会い

周りから
すると

音楽と
ほかの仕事の
ことを

いったりきたりして
笑われたり
することも
ありました。

人が
真剣に取り組んでいることを
笑うべきではない


感じていますが

そんなに
真剣に生きている人
というのは
あまりいない
ようですし

音楽を
やっている人にしか
わからない感覚
というのはあるんだな

感じています。

人の
大事にしている部分に
土足で
ズカズカと
入って来られるのは
不快
なんだなと

私も自分が
ほかの人に
やってしまっていたことを
反省している
瞬間でも
あります。

仕事に
関しては
私の場合は
2021年に
名古屋でお会いした
narutoさんという方が
ロールモデル
になりました。

名古屋に来て良かった

narutoさんは
バリバリ音楽で
かなり稼がれていた
時期もあったようですが

プログラミングが
やりたいから
ということで
いまはそっち方面の
仕事を
されているようです。

仕事も
こなしながら
音楽をいまも
続けられているようで

BandcampFridayに
あわせて
新作も
出されていました。

こちらの
アルバムですね。

narutoさんは
曲もかなり
高度な曲を
書かれる方ですが

創作への
取り組み方という
部分で

共感して
いました。

名古屋に
行った時に

これだなぁ


感じたのは

自分は
チップチューン界隈の
人間ではない

という
おはなしを
されていたこと
でした。

これは
私も
ものすごく
共感していて

チップチューンは
確かに好きだし
MMLなども
書くけれど

それだけでなく
いろんなものに
触れてみたい
とか

そういった気持ちが
すごく大事だなと
感じていました。

Twitterを
拝見していると
完全に今後の
生活のモデルは
narutoさんだなと
感じています。

narutoさんは
最近
代表曲を
サブスクで
解禁された
ようです。

Artificial Intelligence Bomb

今後の生活について

私も
BandcampFridayに
あわせて
新譜をリリースしています。

いままでの
音源を整理した

ベスト盤の
ような
形ですね。

こちらは
サブスクにも
登録しますので

しばらく
お待ちください。

私で言えば

ダウンロードの
アルバムが
単体で買われるほど
曲の品質は
高くありません。

なので
サブスクなどを
うまく利用して
聞いてもらうのが
良いと感じています。

音楽業界は
CDを
単発で売り

ヒット曲を
狙う

という
作り方から

少しずつ
曲を書き溜めていき
資産を増やしていく

というほうに
シフト
しました。

私は
音楽だけで
食っていくつもりは
もうないですし

二足のわらじを
はいて
バリバリやろうとするのは
音楽に失礼だと
感じていますので

音楽に関しては
それで
めちゃくちゃ稼ぐ
ということは
しないと思いますが

作品を
発表するのは
続けたいと
感じていますので

YouTubeや
サブスクなどには
曲を出したいと
考えています。

ただ
そこまで
時間も取れないことも
あるので

しばらくは
サブスクに関しては
新規のアルバムの
配信は
難しいかもしれない

とは
感じています。

いままでの
フリー音源サイトの
曲も

130曲ほどは
あるので

それだけでも
結構ありますよね。

今後は
フリー音源サイトを
メインに
曲を発表して

報酬を
たくさんもらう
ということよりも

ほかのことを
考えたいと
思います。

まとめ

以前から
お伝えしていた
ことですが

新しい
職場というのが

副業禁止
職場になりますので

しばらくは
音楽で
報酬を得る活動
というのは
難しく
なってきます。

その間というのは
しばらくは
ほかのことも
みてみる時期かも
しれませんね。

次の
職場は

三年ほどで
移行する予定なので

三年は
仕事を
頑張ってみる生活でも良いなと
感じています。

今後のことについては
これからも
ちょっとずつ
考えていければと
思います。

いまは
新しいこととの
出会いに
ワクワクしています。

春も近いですし
新しい出会いがあると
良いなと感じています。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718866626