IRODORIというマッチングアプリについて

日曜日の
婚活ブログです。

今日は
障害者向けの
マッチングアプリに
ついて
ご紹介します。

IRODORIという
マッチングアプリが
ありまして

そちらを
使ってみて
いますので

それについて
おはなししますね。

IRODORIというマッチングアプリについて

それでは、行ってみましょう!

さて
IRODORI
という
マッチングアプリを
最近入れて
使ってみています。

https://irodori.icu/

こちらです。

似たような
名前のアプリに
彩(いろどり)
というアプリが
ありますが

それとは
別の
アプリですね。

IRODORIは
障害者向けの
アプリで
クラウドファンディングで
作られたアプリなんだ
そうです。

障害者向けのマッチングアプリについて

以前
障害者向けの
マッチングアプリに
ついて
書いたことが
ありました。

障害者の私が実際に使ったマッチングアプリなど3選

こちらですね。

IRODORIは
基本無料で
男性も
お金がかかりませんので
はじめる敷居が
低いように
感じました。

最近
感じるのは
マッチングアプリという
仕組み自体が
古くなっている
ということ。

最近では
読書会を
ベースにした
猫MATCHという
サービスがあり

マッチングアプリでも
結婚相談所でも
ないという謳い文句で
新しいサービスを
展開しています。

https://nekomatch.jp/

マッチングアプリは
その特性上

まずは
見た目や年齢から
はいり

学歴や
年収で
お相手を
選ぶような形に
なりますが

この
仕組み自体が
そもそも古く
時代には
あっていないように
感じています。

いまは
容姿や
年収
学歴や
年齢で
人を選ぶ時代では
ありませんよね。

もっと
中身に
フォーカスしたほうが
良い。

IRODORIも
変わっていくのかも
しれませんが

無料で
気軽に
はじめられるのは
良いのかなとも
思いました。

一応
やってみては
いるのですが

最近は
マッチングアプリも
気軽にはじめて
いつでも辞められるので

メッセージの
やりとりが
続かず

虚無を
生成したり
しているような
状態です。

婚活は
エネルギーも
使いますから

あまり
そちらに
すべてを
注ぎ込むのではなく
ぼちぼち進めたいなと
思います。

アプリを
やるよりも
外に
出ようと
思います。

まとめ

今日は
障害者向けの
マッチングアプリに
ついて
おはなししました。

アプリも
なかなか
厳しいなと
感じていますので

出会いの
機会を増やして
次につなげて
いこうと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718861820