YouTubeの解析からわかった私の理想の顧客について

YouTubeの
解析を
眺めていると

自分の
音楽の
理想の顧客像
というのが
見えてきました。

今日は
改めて

私の
お客さんに
ついて
おはなし
しますね。

YouTubeの解析からわかった私の理想の顧客について

それでは、行ってみましょう!

まずは
今日の
一曲から
ですね!

しろ(Shiro)

さて
最近
YouTubeの
チャンネル登録者が
増えている状況です。

創作も
何も
反応がないところで
作っているのは
しんどいものですが

最近は

YouTubeで
チャンネル登録を
していただいたり

コメントを
いただいたりして
とても励みに
なっています。

もっと
チャンネル登録者を
増やす努力も
していかないと
いけないなと
思ったんですが

ふと
解析のタブで
自分の
音楽を聴いている

リスナーの
年齢層と
性別
というところが
目に入りました。

今日は
その部分を
詳しく掘り下げて
みます。

私の音楽のターゲットは20代前半の男性

私は
ゲーム機を
使った
作曲というのを
得意として
います。

ファミコン音源なども
アップロードは
していたのですが

ファミコン直撃世代の
40代くらいというのは
自分の顧客としては
イメージとずれている
という認識を
持っていました。

それでは
どういう層が
ターゲットなのかな?


思ったんですが

サウンドの
イメージとして
Undertaleを
考えていましたので

ターゲットとして
20代の若手
というのが
浮かんできました。

もっと
いうと
私の
曲を
聴いてくださってるのは

10代後半から
20代前半の
男性が
メインです。

女性は
まさかの
0%でした。

一応
35歳から
44歳くらいも
リスナーは
いましたが

こちらは
私が
理想の顧客として
見ていない部分の
層で

いわゆる
ズレを
感じていたのは

この世代だったなと
感じました。

こちらの
ブログでも
やり方を
変えてきて
いますが

もっと
20代
前半の

統合失調症を
発症して
3年から4年くらいの
方へ向けて
発信をしたほうが
いいなと
感じました。

今日から
反省点を
いかして

ちょっと
YouTubeのほうも

チャンネル登録を
促す文面を
いれていこうと
思います。

次の
フェーズに
移行しているのを
感じます。

おそらく
チャンネル登録が
増えているのも

私が
変化してきているから
というのが
大きいんでしょうね。

良いことだなと
思います。

まとめ

今日は
自分の
音楽の
理想の顧客が
見えてきたはなしを
しました。

女性の
視聴者が
0%は
ちょっと
笑ってしまいましたが

圧倒的に
むかしの
苦労していた頃の
私のような人たちに
音楽を届けたい!


思うように
なりましたので

それに向けて
やっていこうと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1717064845