海外からの音楽の仕事

昨日はアメリカ人との
やりとりの中から

音楽で食べていくヒント

これを見出しました。

その流れなのか
昨日はほかのアメリカ人と

やりとりする機会があり
これもまた良い方向に
つながりました。

新年なので
良い記事に持っていきます。

海外からの音楽の仕事

それでは、行ってみましょう!

昨日はたまたま
アメリカ人の
ミュージシャンの友人が

ゲーム配信をしていたので
覗いてみていました。

私との出会いのはなしになり
ファミコン実機を使った
音源制作のはなしなどを
放送でしていました。

いまちょうど
ニッチな機材がフリマなどに
出品されていて話題になり

予算次第ですが
欲しいかも…
というはなしに!

また彼がファミコンを
使うことでまとまりました。

これはつまり
私にも海外から音楽の仕事がくることが
決まった
ことになります。

当面は海外のミュージシャンへの
楽曲提供で忙しくなりそうで
2022年は良いスタートが切れそうです。

今年は
音楽で食べていくために
頑張ろうと思っています。

昨日のブログで
音楽で食べていくために大事なのは

その人の本気度

というおはなしをしました。

最近思うのは
もう食べていくために
必要なノウハウというのは
学んでいるので

後は実践していくフェーズに
入っているなということです。

2015年前後には
結構アメリカ人と音楽をやっていて

大学を勢いでやめたのも
もう海外にコネがあったから
というのも大きかったです。

その時はまだ
フリー音源も作っていなかったので
収益化でとても悩んでいました。

今回はフリー音源というベースがあり、
ストックで収益化しているので
焦らず、海外の仕事もこなせる

という段階に
きています。

海外から急な仕事が入った時も
快く対応できるように
いまの体制を作ってきた
というところは大きいです。

2022年も頑張りますね。

就労継続支援A型事業所の
体験に行こうか迷っていたのですが

やりたいことを優先して
キャンセルしておこうと思います。

前向きに頑張ろうと思います。

それでは、みなさん。
本年もどうぞ
よろしくお願いいたします。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただきましてありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716069913