ポケモンのBGMを作るような8bit音源について考察する。

おはようございます。

今日はポケモンの8bit音源について考察してみたいと思います。

まず、8bit音源制作全般に関しては、こちらをご覧ください。

ポケモンはゲームボーイのゲームなので、作成はゲームボーイになります。実機を使う方法やスマートフォンを使う方法などを解説していこうと思います。

LSDJで曲を作る。

近年使われているのがLSDJという作曲ソフトです。

https://www.littlesounddj.com/lsd/index.php

LSDJはLittle Sound Djというソフトです。昔は有料で3$くらいの値段だった気がするんですが、いつのまにか無料になったみたいです。寄付もできるみたいなので、ご検討くださいね。

LSDJは実際のカセットに転送してゲームボーイ実機で鳴らすことができます。

こちらがよく使われているカセットになります。普通にAmazonで売っています。以前は6000円くらいしてましたが、値下がりしたんでしょうかね。

Amazonで買えない場合はkitchbentとかも見てみてください。

具体的な使い方はまた追って解説します。

nanoloopを使う

最近はややおとなしい感じですがnanoloopというソフトもあります。

こちらはエミュレーターなどを使ってパソコンで作成する、というよりも、カセットを買ってやる感じになるかなと思います。

http://nanoloop.de/ja/index.html

カセットの方はゲームボーイに刺せる感じになっていますが、どうやら新製品が出ているようです。

気になる方は調べてみてくださいね。

スマフォで作成してみる。

nanoloopにはスマフォ版があります。

Android版

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nanoloop

iPhone版

https://apps.apple.com/jp/app/nanoloop/id322700286

有料ですが、その価値はあると思います。

まとめ

ポケモンのBGMが当時どうやって作られていたかはわかりませんが、こういったツールを使うと、ゲームボーイ実機やその他エミュレーターなどで、思い通りにポケモンのような曲を作ることができます。

ポケモンGoのBGMを初代風にアレンジしてみたりとかもできます。

いろいろ試してみてくださいね!

それでは!

おまけ

ポケモンとバイナリエディタで曲を作ってる方をみかけたのでシェアしておきます。

普通に音楽の方を理解したほうが早そうだけどそうでもないのかな…?

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716761495