しくじり先生FF14回

昨日は
ぼんやり
YouTubeを
見ていました。

するとしくじり先生の
FF14回をやっていて

それが勉強に
なりましたので

その内容で
今日は
書きたいと
思います。

しくじり先生FF14回

それでは、行ってみましょう!

昨日は
ぼんやりと夜に
YouTubeを見ていました。

すると
しくじり先生の
FF14回の
番組を発見。

こちらの番組は
Abemaのアプリからは
しばらく無料で
見れるそうです。

FFにしくじりなんてあるの?

と思ってしまいましたが
結構たくさんあるようで
勉強になりました。

過去の成功体験

FFは
世界的に人気のある
ゲームなので

FF14の時も

FFのグラフィックは世界一でなければならない!

という
想いがあったんだ
そうです。

この想い自体は
悪いことではないと
思いますが

そうした
過去の成功体験が
新しい挑戦の
足かせになったんだって。

過去に成功したら
同じやり方で
いいでしょ

とか
過去にうまく行ってるんだから
変えなくても良いでしょ

みたいな場面が
あったんだそうです。

翻訳の世界も同じ

翻訳の世界も
同じですよね。

特に
いまの私が
同じだよなと
感じました。

過去の
大学受験とか

大学の成功体験のことで
それを引きずっていては
良いものは
生まれないなと
聞いていて思いました。

常に良い翻訳が
できるというのは

常に新しい挑戦を元に
ほかの新しい挑戦を
し続けているからだよなぁと
感じました。

FF14の
プロデューサーの方が
おっしゃっていたのは

成功体験があるんだったら
その成功体験を元に
新しい挑戦をしていく必要が
ある
ということでした。

FFでさえそうなんだから
いまの私も
変わらないといけないよなぁと
強く思いました。

まとめ

今日は
しくじり先生という番組から

FINAL FANTASY14のはなし
そしてそのおはなしを
翻訳の世界に応用するはなしを
してみました。

私も
過去の成功体験は
忘れるくらいで
良いのかもしれませんね。

来週は
しくじり先生の
今回の続きがあるそうですので
そちらも楽しみにしています。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716071102