クリニックでおすすめのBGM

クリニックの
BGMで
悩まれている方の
ための
記事
です。

私が
実際に
クリニックに
かかった時の
体験をもとに
書いていきますね。

クリニックでおすすめのBGM

それでは、行ってみましょう!

さて
昨日の記事で
病院の
おすすめの
BGMということで

近くの
歯科の
BGMについて
書きましたね。

病院でおすすめのBGM

こちらの
記事では

歯科の
院長先生が
クラシックが
お好き

クラシックが
かかっている
病院
のことを
ご紹介しました。

クラシックに
関しては

音楽療法的な
観点からは
難しいなとも
感じていて

病院にあった
選曲の仕方というのが
あるのかなと
感じています。

クリニックでの選曲の仕方

クリニックでの
選曲には
いろんな方向性が
あると
思います。

世の中には
プレイリスター
と言って

Spotifyなどの
プレイリストを
使って
商売している方

います。

この場合は
いろんな
プレイリストの
組み方が
あるようです。

例えば
2000年代前後に
流行った音楽を
まとめてみる
というような
もの
ですね。

オリコン1位を
獲得した曲を
中心に
まとめてみると
こんな感じに
なりました。

36歳くらいの人が好きなやつ

(*こちらの
プレイリストは
参考までに
お願いいたします。)

ただ
音楽には
その人の

音楽的な体験

音楽的な経験

といったものが
大事になってきます。

音楽療法の視点から

音楽療法の
世界では
こんな例が
あるんだそうです。

よく
クラシックには
癒しの効果があると
言われます
ね。

それを
盲目的に
信じてしまって

例えば
モーツァルトなら

モーツァルトには
万人に
癒しの効果があるんだ!


信じてしまい

ハードロックや
メタルといった
もっと激しい音楽が
好きな
10代の
若者

モーツァルトばかり
聴かせている。

こんなような
場合は

音楽の
癒しとしての
効果というのは
あまり
期待できないんだ
そう
です。

モーツァルトは
確かに
エビデンスも
あるようですが

音楽って
もっと
個別的な
要素を
含んで
いるんですよね。

著作権の問題

クリニックでは
著作権の
問題

あると
思います。

昨日の
記事でも
書きましたが

クリニックの
BGMも

従業員のみを
対象
とした
音楽であれば

例外的に
著作権料が
免除
される

と言った
項目が
JASRACに
あるそうです。

こちらの記事の中ほどにあります

ですが
本来であれば

音楽家というのは
音楽で
対価をもらい
生活している
人たち
です。

そういった
人たちに
著作権料が
支払われない

というのは
将来的にも
問題になるだろうなと
思います。

クリニックが
まったく
利害が
からまないかと
言われたら
そうでもなく

クリニックにも
ビジネス的な
問題は
あると思います
ので

著作権料が
発生する
音楽を
バンバンかけていると
問題になるだろうなと
感じています。

そこで登場するフリー音源

そこで
登場してくるのが
フリー音源です。

私も
フリー音源サイトを
運営しています。

https://www.soundescape.info/

こちらの
フリー音源の
フリーというのは
無料という意味

規約の
範囲内で
すべて
無料でお使いいただけます。

クリニックの
場合であれば

通常かかるような
音楽の
著作権料を
払うような
余裕はないと
思いますので

まずは
フリー音源の
オルゴールから
はじめてみる
のが
どうだろう?


思います。

私の
サイトの音楽に
関してですが

Spotifyなどの
サブスクリプションでも
公開しております。

病院の待合室のためのオルゴール

Spotify以外の
サブスクに
関しては
こちらから
お願いいたします。

音楽配信(サブスク)一覧

もし
サブスクに
登録されて
いない場合で

音源を
すぐに
使いたい場合は

YouTubeに
動画が
ございます。

病院の待合室のためのオルゴール Clinical Music Box for Pediatrics miniStory vol.2

こちらの
YouTubeチャンネルを
ぜひ
チャンネル登録
お願いいたします。

チャンネル登録は
こちらから。

https://www.youtube.com/channel/UCBQFRMEXVfMtPO7D–cBjIA

こちらの
音源を
そのまま
使っていただいて
大丈夫です。

注意点

世の中には
たくさんの
フリー音源が
ありますが

YouTubeで
フリー音源の
ように
公開されている
音楽でも

実際には
著作権料の
発生するものが
含まれていることが
あります。

この点には
よく
ご注意ください。

以前
絵の素材の
世界で

無料素材として
配布されている
ものの中に
有料の
素材が
混じっていて

それを
使用していた
企業などが

使用料を
請求されていたことが
ありました。

特に
YouTubeの場合は

著作権に
配慮しないような
動画も
たくさんあるので

気をつけて
くださいね。

また
私のサイトの

フリー音源
というのは
フリーというのは
無料という意味で
著作権は
手放しておりません。

この点は
ご留意ください。

まとめ

今日は
クリニックの
BGMについて
書いてみました。

世の中には
いろんな
クリニックが
あり

クリニックの
数だけ
音楽があっても
良いのかなと
思っています。

フリーサイトの
音源は
今後も
増やして
いきますので

今後に
ご期待ください。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718803425