音楽活動を辞めるきっかけになったこと

ちょっと
前まで
音楽のことを
考えると
とても
ナーバスに
なり

作曲について
考えると
動悸や
息切れが
していました。

いまも
それは
あまり
変わって
いないのですが

そういった
ことへの
対策を
考えて
みようと
思います。

音楽活動を辞めるきっかけになったこと

それでは、行ってみましょう!

さて
最近まで
音楽活動を
頑張っていました。

流れが
大きく
変わった
タイミングも
あり

私の
場合は
明確な
きっかけ
というものが
ありましたので

今日は
それについて
おはなししますね。

一番の原因は音楽がらみの人間関係

私が
やっていたのは
8bit系の
Chiptuneと言われる
ジャンルだったんですが

とても
狭い世界で

同じような
ジャンルの
音楽を
作っている
アンチに

誹謗中傷などの
人格攻撃を
絶えず受けていました。

この状態が
10年以上
続いていて

第三者を
交えての
話し合いなども
したのですが
解決に
至らず

裁判を
考えていた
タイミングで

なんとか
相手の
会社の方が
動いてくださって
解決した
と言う過去が
ありました。

【重要なご報告】アンチとの関係が解消しました

この
記事に
まとめて
あります。

音楽そのものは
あまり
嫌いになったりは
していない
ようなんですが

こうした
音楽関連の
人間関係の
ストレス
といったものに
だいぶ疲れてしまっているようで

会社を
やめた
後の
会社員の
ように
なっていました。

これは
おやすみが
必要だなと
いうことで
音楽から
離れようと
思ったんですよね。

もうひとつ
あったのが
その
人間関係が
解消した
ちょっと後に

交通事故に
あいまして

これも
流れが
変わる
大きなタイミングに
なりました。

危機はチャンス
とは
よくいいますが

逆に
言うと
流れを
大きく変える
チャンスでも
あったので

新しい
SNSを
はじめてみたり

新しい
仕事の
案件を
請けてみたり
していました。

これが
どうやら
よかったようでしたね。

また音楽ができる日は必ずくる

音楽活動の
ことを
振り返ると

かなり
生活を
犠牲にして
機材を
買ったり

好きな
ものを
我慢し続けるような
生活を
送っていたなと
思います。

でも
それでも

音楽活動には
夢や目標が
あり

そこまでは
頑張れたなと
思います。

ここまで
頑張ってこれた
人であれば

多少
おやすみを
取ったりしたり
しても

また
形を
変えて

音楽活動に
還っていくことは
十分可能だろうなと
思っています。

その場合は
自分が

音楽に
ワクワクしていたこと

これを
思い出す
必要が
あるなと
感じています。

いまは
その逆で

もう
音楽の
ことなんて
考えたくも
なくて

作曲の
ことを
考えると

動悸や
息切れが
するような
状態なので

まずは
しっかりと
休養を
取って

生活を
立て直すのが
いいのかなと
思います。

周りからは
みじめに
見えるのかな
とも
思いますが

これは
自分の
気持ちの
問題なので

自分の
意見を
尊重
しましょう。

私は
一定の
条件を
もうけて
そこまで
音楽を
続けましたが

いろんな
意見が
あるのかも
しれません。

ひとつ
区切りに
なるのは
年齢なども
あると
思うので

ほかの
先輩ミュージシャンの
意見なんかも
聴いてみて
くださいね。

まとめ

今日は
音楽活動に
一線を引く時に
考えたことを
まとめてみました。

もうすでに
次の仕事
というのが
はじまって
いまして

そちらの
案件の
交渉などを
している
ところです。

しばらくは
音楽以外の
仕事で
安定的に
受注することを
目指しながら

生活の
中で
失ったものを
取り戻したいなと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718802365