AKG K240 Studioをレビュー

 昨日
ヘッドフォンの
イヤーパッドを
変えたはなしを
しましたが

今日は
普段使っている
ヘッドフォンの
ご紹介を
いたします。

購入の際の
参考にあれば
幸いです。

AKG K240 Studioをレビュー

それでは、行ってみましょう!

さて
ちょっと前の
ブログで

ヘッドフォンの
イヤーパッドを
変えたという
おはなしを
いたしました。

AKG K240Studioのイヤーパッドを交換しました

イヤーパッドを
変えると
見た目も
大きく
変わりますが

耳への
密着度が
あがって

音も
よくなる気が
しました。

SONYのMDR-CD900STについて

モニターヘッドフォンだと
SONYの
MDR-CD900STが
定番かなと
思います。

SONY ( ソニー ) / MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン

こちらです。

これは
音が良い
ヘッドフォン
というよりも

日本の
スタジオには
どこにでも
置いてあるので

音の
確認が
しやすいから
という理由で
よく使われると
聞いたことがありました。

私の
場合は

チップチューンを
作る特性上

900STでは
音が痛くて
使用するのが
難しかったんですよね。

AKGのK240STについて

AKGは
オーストリアの
メーカーで

アーカーゲーと
読みます。

マイクとかで
有名な
音響メーカーですよね。

いま
使っている
K240STは
こちらです。

AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio セミオープン型ヘッドホン 3年保証モデル K240 ST

K240Studioは
海外の
スタジオに
よく
置いてあるんだそうです。

中音域や
それより
ちょっと上の
帯域が
得意です。

私の場合だと
AKGのヘッドフォンを
使いはじめたのが

ケルト音楽系統に
強いような
女性ボーカルを
気持ちよく
聞くためでした。

具体的な
アーティストだと

霜月はるかさんとか
志方あきこさんとか
ですね。

特に
当時は
霜月はるかさんを
よく聞いていたので

あんな感じの
女性ボーカルと
相性が
良いです。

カザハネ

チップチューンは
電子音楽でも
それまでに
ないジャンルだったので

苦手とする
ヘッドフォンが
多かったように
思います。

制作の際に
900STでは
困難を
感じたので

この
K240STに
たどり着きました。

オーケストラなんかも
いい感じに
響くので
重宝しています。

セミオープンなので
電車などでは
音が漏れるかも
しれませんね。

家で
使う分には

クローズの
ヘッドフォンだけだと
難聴になると
聞きましたので

オープン
もしくは
セミオープンの
ヘッドフォンに
しようと思って
これにしました。

AKGは
私の
音の好みに
よくあっているようで
愛用しています。

ヘッドフォンなので
実際に
購入される場合は

お店などで
試聴してみて
くださいね。

まとめ

今日は
普段使っている
ヘッドフォンの
おはなしを
しました。

今日
ご紹介した
ヘッドフォンは
こちらです。

AKG ( アーカーゲー ) / K240 Studio セミオープン型ヘッドホン 3年保証モデル K240 ST

参考に
なりましたら
幸いです。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718866952