モモウメ炎上の失敗に学ぶ

モモウメという
SNSショートアニメが

事業規模の拡大で
失敗したようです。

私も
よくみていたので
悲しかったのですが

今日はそんな
失敗から
学んでみようと
思います。

モモウメ炎上の失敗に学ぶ

それでは、行ってみましょう!

みなさんは
モモウメという
SNSショートアニメを
ご存知でしょうか?

Twitterや
YouTubeの
1分ちょっとの
アニメになるんですが

昨年
制作会社が変わり

炎上したようで
一時期のブームは
過ぎ去った感じが
ありますね。

炎上の内容

炎上の時も
ちょっとだけ
気になっていたので

話題を
おったりしていた
のですが

内容としては
制作会社が変わり

差別的な内容が
含まれる回があった
ようで

それをきっかけに
叩かれるように
なってしまったようです。

大きな制作会社に
変わってから

ちゃんとした声優さんが
演じるようになり

それはそれで
物足りなさを
感じます。

それまでは
制作会社の
スタッフさんが

声を入れていた
のだそうですが

ちょっとたどたどしい感じの
演技のほうが

荒削りではありますが
キャラにあっていて
よかった
なぁと
思いました。

会話のテンポ感や
声の感じが大きく変わり

新しいのも
一応みたのですが

1分ちょっとが
長く感じました。

反省点を生かす

これって
ゲーム音楽も
同じ
だよなー

と思いました。

特に
私の作っている

インディーゲーム
と言われる

少人数、低予算の
ゲームでは

大手のように
派手に声優さんを
使ったりすることも
できません。

ですが
荒削りなほうが
面白いことがあるのが
魅力的な
ジャンル
でもありますね。

ゲーム音楽に
関して言うと

クオリティは
確かに大事なのですが

ゲームにあっているかどうか

こちらのほうが
大事です。

ゲーム音楽は
演出としての
音楽
なので

ゲームを引き立たせることを
第一に考えて

うまく
演出してあげるのが
良いと思います。

まとめ

今日は
SNSショートアニメの
モモウメの失敗から

学んで
みました。

失敗は
誰にでもあることなので

次に活かせたら
良いですね。

私は
普段
ゲーム音楽を
作っております。

8bit的な
音源がメインですが
よろしければ
チェックしてみてくださいね。

それでは今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です