ポケモンGoがうつを緩和する?

位置情報ゲームの
ポケモンGoが

軽度のうつ症状や
抑うつ状態を
緩和する

という研究が
あるんだそうです。

今日は
この研究について
考えてみたいと
思います。

ポケモンGoがうつを緩和する?

それでは、行ってみましょう!

先日の4月23日は
ポケモンGoの
コミュニティデイでしたね。

ヌイコグマを
たくさん捕まえました。

最近は一ヶ月に
二回くらい
コミュニティデイも
ある感じですが

ポケモンGoが
うつ症状を
緩和する

という研究が
あるんだそうです。

研究の概要

元記事は
Automatonの
記事でした。

この研究は
Googleの検索で

ネガティブなキーワードを
測定して

ポケモンGoの
リリースの前後で

そういった単語が
有意に減ったという
研究報告の
ようでした。

確かに
ネガティブな
単語は
減ったようなんですが

それらは
6週間前後の
一時的なものであった
とも報告されています。

ポケモンGoが
歩行を伴う
位置情報ゲームである
こと

また外に出て
人との交流がある
ゲームである
こと

などが
要因だろうと
考えられているようです。

統合失調症と音楽療法の関係も同じかも

これらは
うつ症状に関する研究ですが

統合失調症と
音楽の関係も
同じような関係かも
しれませんね。

音楽療法も
音楽を聴くこと自体の
治療効果

音楽が育てる
社会性の部分での
治療効果
が期待できます。

音楽を聴くこと自体の
効果というのは

例えば
昔の懐かしい曲を聴いて
脳を刺激してあげると

それだけで
脳が喜び
心身に良い影響があるんだそうです。

また
社会性の部分ですが

音楽療法のセッションの中で
音楽がきっかけで
ほかの人との交流が生まれるケース
というのは結構あるようで

これも
音楽の力だろうな
と感じますね。

音楽は誰かと一緒にやるもの

というのが
私の持論ですが

治療の現場では
そういったことが
ダイレクトに
出るのかもしれません。

ですが
元の記事でも
述べられているように

軽度のうつ症状には
効果があるものの

根本的な治療としては
やはり医療的なケアが

大事とのことです。

統合失調症も
音楽療法だけでは
難しいと思いますので

まずは投薬治療を
という感じに
なると思います。

まとめ

今日は
ポケモンGoに関する
研究記事から

うつ症状の緩和や
それから派生した

統合失調症と
音楽療法の治療について
述べてみました。

最近は
音楽療法的な
勉強の必要性を感じ

本を買ったりして
勉強したりしています。

現場で生かせるようになるには
もうちょっとかかりそうですが
辛抱強く勉強してみますね。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716070512