私の音楽は暇つぶし?娯楽?それとも医療行為?

最近
自分の音楽は
一体なんなのか?

ということを
考えています。

ひとつ
思ったのは

暇つぶしなのか?
娯楽なのか?

ということ。

私の音楽は
そういうのとは
ちょっと違うなと
感じましたので

今日は
そのことについて
おはなししてみますね。

私の音楽は暇つぶし?娯楽?それとも医療行為?

それでは、行ってみましょう!

さて
音楽って
いろんな捉え方が
ありますよね。

よく

音楽は
金持ちの道楽だ

ということも
言われます。

確かに
音大とか行くと
ものすごくお金が
かかりますしね。

そうでなくても

音楽が
暇つぶしなのか?
娯楽なのか?
それとも…?

というのは
よく考えることです。

暇つぶしの音楽

世の中には
いろんな音楽が
あって

確かに
暇つぶしの音楽
というのも
あると思います。

パターンとしては
何もやることがなくて
暇なので音楽を聴いている
というパターン
ですね。

これは
私には
あてはまりませんでした。

娯楽(エンタメ)としての音楽

それでは
娯楽としての
音楽はどうだろう?

ということを
ちょっと
考えました。

私の
ブログのボスは

ビジネスは
エンターテイメント

というはなしを
よくされています。

これに対して
私は実は
よくわかっていないことも
あるんだろうと
思うんですが

いまいち
ピンときていませんでした。

私にとって
音楽とは

暇だから
なんとなく聴いているもの
でも

娯楽として
ただただ
楽しみを求めて
聴いているもの
とも

ちょっと
違いました。

音楽は医療行為

じゃあ
自分にとって
音楽は何か?

というと
医療行為と同じ


思ったんですよね。

調子が悪くなったら
お薬を飲む

これと
同じです。

以前ちょっと
音楽は万能薬ではない

という
おはなしを
したことも
ありましたね。

音楽の人を癒す力は万能ではない

私も
世の中すべてのことが
音楽で解決できるのかも
しれない!


思っていた時期が
ありました。

完全に
音楽の力を
過信していました。

私にとって
音楽は
救済なのだろうな

思います。

暇つぶしや
娯楽などではなく

もっと切羽詰まったもの
もっと切実なもの

です。

ほかの方は
どうかわからないですが

私にとっては
音楽は

治療の一環

というような
側面が
強いなと
感じています。

まとめ

今日は
私にとっての
音楽について
考えてみました。

人の数だけ
意見があっても
良いのかもしれませんね。

さて
最後に
お知らせです。

2023年3月5日(日)
に演奏会に
出演いたします。

管楽アンサンブル定演チラシ

長野県松本文化会館付属管楽アンサンブル

第11回定期演奏会
2023年3月5日(日)

キッセイ文化ホール
大ホール

開場13時15分
開演14時

入場無料
全席自由・未就学児入場可

演奏曲目
アルヴァマー序曲
あの日聞いた歌
ドラゴンクエストによるコンサートセレクション
ほか

https://www.matsubun.jp/news/notice/11.php

私は
打楽器奏者として
出演いたします。

よろしければ
いらしてくださいね。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718866145