精神障害者の離職率と平均勤続年数から仕事について考える

今日は
障害者
特に
精神障害者と
仕事
というテーマで
おはなしします。

精神障害者は
離職率が
とても高く
平均勤続年数も
かなり
短いです。

今日は
実際の
統計を
みながら

解決策に
ついて
おはなし
しますね。

精神障害者の離職率と平均勤続年数から仕事について考える

それでは、行ってみましょう!

さて
最近
仕事について
考えています。

統計を
みながら
データを
集めて
いますが

やはり
障害者
特に
精神障害者と
仕事というのは
かなり
難しいことのように
思いました。

まずは離職率から

まずは
障害者の
離職率について
調べてみましたが…

https://www.atgp.jp/knowhow/oyakudachi/c2146/
こちらよりいただきました。
オリジナルは厚生労働省の調査より
mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11601000-Shokugyouanteikyoku-Soumuka/0000178930.pdf

この
グラフの
一番下の
グラフです。

一年で
半数
以上
離職している
という
厳しい
現実です

これは
全部
あわせて
ですが

一般企業で
障害を隠した
状態で働く方は
もっと離職率が
高いようですね。

平均勤続年数

次に
平均勤続年数に
ついてです。

こちらも
厳しい
現実です。

精神障害者の
方の
平均勤続年数
ですが
3年2ヶ月
という
データが
あるようです。

https://with.persol-group.co.jp/magazine/column/002/#:~:text=%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87,%E3%81%8C3%E5%B9%B44%E3%82%AB%E6%9C%88%E3%80%82

精神障害者
というのは
仕事に
関しても

かなり
厳しい
闘いを
強いられているなと
感じますね。

3年というのは
多くの会社で
変化のタイミングで

環境が
変わり
部下などが
ついたり

ほかの
方が
サポートの手を
緩めるタイミングで

うまく
調和が
取れずに
やめていく方が
多いようですね。

それでは、どうするか?(続きます)

今日は
おおまかな
統計を
みたところで

明日
解決策に
ついて
考えてみます。

いくつか
こういうのが
いいかな?

という
アイディアが
ありますので

それについて
おはなし
しますね。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1721637964