ロゼレムとデエビゴの減薬について医師から言われたこと

今日は
睡眠薬の
おはなしです。

ロゼレムと
デエビゴという
お薬が
ありますが

そちらを
減薬する際に
医師から
言われたことに
ついて
おはなしします。

ついに
減薬の
フェーズですが

最近
気になっていることを
まとめますので

ぜひ
最後まで
読んでみてくださいね。

ロゼレムとデエビゴの減薬について医師から言われたこと

それでは、行ってみましょう!

さて
先日
通院日が
ありました。

ここのところ
快眠なことも
あり

医師からも
睡眠薬を
調整してみても
良いという指示を
いただいています。

いま
飲んでいるのは
ロゼレムと
デエビゴという
お薬なんですが

こちらは
副作用が
少なく
安全性の
高いお薬のため

無理をして
減らさなくても
良いという部分は
あります。

サイレースなど
強いお薬には
依存性もあり
はやめに
減薬をすることを
勧められると
思いますが

安全性の高い
デエビゴと
ロゼレムの
二種類で
かなり眠れているので

これからも
ゆっくり減薬
というふうに
なりそうです。

具体的な減薬の指示について振り返る

いままでの
サイレースのような
ベンゾジアゼピン系の
睡眠薬に関しては

お薬の
量を
少しずつ
減らしていって

ほかの
お薬に
変えたりするような
お薬だったようですが

ロゼレムと
デエビゴに
関しては
そういうものでは
ないようです。

ロゼレムと
デエビゴは
睡眠の
リズムを
整えるような
お薬のため

今日は
眠れる日だなと
わかっていたら
飲んでみない日を
作ってみても良い

というふうに
医師から
指導が
入っています。

確かに
かなり
眠気が来ている日
というのも
もうすでに
ありますからね。

無理をして
減薬を
しなくても
良いと思いますし

私は
断薬って表現は
かなり抵抗がある
タイプの人間ですが

もう
数年で
お薬は
なくせそうかなという
ところまで
きている感じです。

精神科の
お薬に
関しては

内科的治癒
外科的治癒
そして
精神科的治癒
というふうに
わけて考えるモデルを
私は採用しています。

お薬を
飲んでいて
症状が落ち着いているので
あれば

精神科の
病気も
治ったと
考えても
いいのかもしれませんね。

私は
お薬が
あっても

まだまだ
治ったと
いうところまでには
いっていない気が
します。

統合失調症は
お薬だけでは
よくならないと
思いますので

もう一押し
ですね。

治療のほうも
寛解期には
近いのですが

お薬が
少なくなっても
治癒に至っていない部分も
感じますので

そうした部分にも
テコ入れを
してみようと
思います。

今日は
精神科の
睡眠薬の
お話をしました。

rana
rana

減薬や断薬は必ず医師と相談してくださいね。

まとめ

治療の
成果も
出ているようで

以前ほど
強い
精神的な
ストレスというのを
受けにくくなったように
思います。

これからは
ソーシャルスキルトレーニング
のような
トレーニングも
有効かなと
思いますので

その部分に
ついても
ちょっとずつ
手を入れてみようと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718453085