信州の雄大な自然が作曲のモチーフになっているはなし

大型連休も
終わり

いよいよ
日常が
戻ってきます。

この
連休で
感じたことを
基本に

これからの
ことについて
書いてみます。

ぜひ
最後まで
お読みください。

信州の雄大な自然が作曲のモチーフになっているはなし

それでは、行ってみましょう!

さて
ついに
私にとっての
大型連休が
終わりました。

本当は
世の中は
今日まで
やすみみたいですが

私は
今日から
稼働です。

大型連休に
はいると
体調を
崩す人間なので

今回も
耳の調子が
悪い中
寝ていることも
多かったです。

日常が
戻ってくると

この
何気なく
日常を過ごせることを
とても愛おしく
感じます。

原因は
自分の
持病や
入院の体験から
きているのかも
しれませんね。

自分の創作のテーマ・モチーフについて

日常が
愛おしく感じる
という
部分で

私は
できるだけ
自分の曲で
日常を
表現しようとしている

ということを
感じます。

私の
創作の
テーマや
モチーフの
はなしに
なるんですが

むかし
小学生とか
中学生の頃に
作った曲が
まだデータとして
残っていて

そういったものを
振り返ってみると

空や雲
森や道
といった

自然が
モチーフになることが
多かったようです。

人間の
難しい
心理描写を
曲に盛り込むことを
あまり好まず

ましてや
恋愛の歌なんかを
作ることは
私はマレです。

信州の
雄大な
自然に
影響された曲を
作っているんだなと
最近思っています。

毎日見える
何気ない風景を
曲にしていることが
多いのかなと
感じています。

これからは
もっと
曲に
想いみたいなものを
詰めるのも
良いかなと
思いますが

曲で
想いを
表現するのは
技術的な部分の
割合の多いはなしかなと
思いますので

もっと
技術力も
身につけたいなと
思っています。

今日は
私の
作曲の
モチーフについて
おはなししました。

まとめ

いろんな
人に
似合う服が
あるように

音楽も
その人の数だけ
似合う音楽というのが
あるのかもしれません。

これからも
自分の
音楽を
追求したいなと
思います。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718445398