作曲では生成AIをどうやって使うのがいいんだろうか?

任天堂が
生成AIに
見解を出し

クリエイティブな
ことも
できるが

知的財産権に
関する問題なども

有していると
認識している

という
ことを
述べています。

今日は
改めて
生成AIの
ことについて
おはなしして
みますね。

作曲では生成AIをどうやって使うのがいいんだろうか?

それでは、行ってみましょう!

さて
任天堂が
生成AIに
関して
見解を
出していたようです。

こんな感じ
のようでした。

https://www.itmedia.co.jp/aiplus/articles/2407/01/news134.html

任天堂の
コメントを
詳しく
みてみると…

ゲーム業界においては、以前から敵キャラクターの動きなどにAIに近い技術が取り入れられてきたため、ゲーム開発とAI技術はもともと近い関係にあったと考えている。昨今話題になっている生成AIは、よりクリエイティブなこともできるが、一方で、知的財産権に関する問題なども有していると認識している

https://www.itmedia.co.jp/aiplus/articles/2407/01/news134.html

との
ことで

技術そのもの
というより
知的財産権のほうを
危惧している
ようでした。

日本は
生成AIの
話題では

学習天国と
言われ

まるで
すべてが
無料のように
何もかも
学習させている
大手AI企業が
多いです。

音楽業界の生成AIの動向

音楽業界に
関しては

ソニーなど
大手音楽出版社3社が
Suno AIやUdioなど
大手生成AI企業を
訴訟で訴えたのが
記憶に新しいです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/10d7a5e911a2d305dfa04c7d9fa2d2d6b76aff21

どうやら
生成AIの
大手企業は

今回の
訴訟は
あまり
勝ち目がない
ようで

大金を
音楽出版社に
払うか
諦めるかの
二択を
迫られるようです。

イラストも
同じような
状況になって
ちゃんと
権利者に
お金がいくと
いいと思いますが

なかなか
そういうおはなしは
聞かないですね。

分野の
違いも
あるのかも
しれません。

作曲で生成AIを利用するところは…?

音楽
特に
DTMの世界にも
生成AIは
はいってきています。

とある
AIなんかは

自分の
歌声から
ほかの
歌声が
生成できたり

自分の
歌声から
楽器の音色に
それを
変化させたり
といったことが
できるんだそうです。

私も
以前ちょっと
MMLで
ChatGPTに
曲を書かせてみる
ということを
やったことがありました。

チャットGPT(ChatGPT)でAI作曲をするための準備

これを
やったときの
感想
というのが

AIは
手間がかかる

という
ことでした。

確かに
AIは
便利なのかも
しれないですけど

へ〜

って
思う程度で

それで
人間の仕事が
すごくなくなる!!!
とか
そういうことは
よくわかりませんでした。

先日
翻訳の
番組を
みていたんですが…

プロ翻訳者の見解:AI翻訳の真実

翻訳者の
意見としても

AIで
翻訳者の
仕事が
奪われるみたいなことは
ないんじゃないかな

という
おはなしを
されていました。

AIで
翻訳の仕事が
なくなる

という
風に
言っている人たちは

日本語を
英語に
翻訳させて
それっぽくなっているのを
みて
そういってるみたいですが

それは
違うことの
ようですね。

英語を
日本語に
させると
ちょっと変かも?


思うはずなので
その辺は
都合の悪いことが
隠されている
感じなのかもしれません。

AIは
便利で
時短で
いろいろ
使えるのかも
しれませんが

それ以上に
弊害が
大きくて
ナーバスに
なってしまうので

私は
あまり
情報を
いれないように
しています。

任天堂ほど
優秀な
会社なら
AIなんて
使わなくても
いくらでも
なんとかなりそうな
気がしますが

それでも
活用の道を
模索しているんでしょうね
きっと。

以前も
おはなししたかも
しれませんが

AIを
積極的に
利用することを
推奨している人は
燃え尽きになる可能性も
高いらしいので

その点も
注意が
必要かなと
思います。

詳しくは
こちらの記事を
ご覧ください。

AIの多用による燃え尽きを防ぐには?

まとめ

作曲なんかは
自分の中で
湧き上がってくるものを
感じることができると
良いそうです。

これは
絶対に
AIには
できないことなので

そういう部分を
これからも
大事にしたいなと
思います。

さて
最後に
告知に
なりますが

そろそろ
新しい楽曲が
サブスクでの
プレイリストプロモーションに
参加になる予定です。

こちらは
また
改めて
ご報告
いたしますね。

直近の
新曲を
ご紹介いたします。

教室(病院バージョン)

Spotify以外の
サブスクに
関しては

こちらを
ご覧ください。

https://big-up.style/WZlkIzpMmR

少し
病院バージョンの
音源を
増やしていますが

オルゴールに
なっていますので

ぜひ
聞いてみて
くださいね。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1720821076