とん服の効き目

今朝は
いつもと同じではないようで

早朝にブログの更新が
できませんでした。

こう言う日も
珍しいのですが

とん服を飲んだことも
関係しているのかも
しれませんね。

今日は最近でた
とん服についての
記事を書きたいと
思います。

とん服の効き目

それでは、行ってみましょう!

いまもまだ
統合失調症の治療で
精神科に定期的に
通っています。

通常はお薬の
治療で
朝昼夜と寝る前に
お薬を飲む生活です。

最近になって
液体の
お薬がとん服で
出ています。

ドーパミンのD2受容体

まだこの記事を
書いたことが
なかったような
気がします。

統合失調症の治療の
キーワードになっている
神経細胞に

ドーパミンのD2受容体
というのがあります。

元より
ドーパミン仮説というものがあり

統合失調症の患者さんは
ドーパミンの分泌が
適正ではないのではないか?

という仮説があったようです。

継続的な投薬治療が治療の鍵

統合失調症の治療は
投薬治療がベースになります。

このベースの上に
リハビリとか
ソーシャルワーク

そして仕事をすること
などがあるんですね。

統合失調症の治療では
お薬を飲まなくなると
9割の人が
再発・再燃
して

ほとんどの人が
入院となります。

重度障害になるので
服薬はしっかり
しましょう。

とん服について

リスペリドンという
お薬の
液体のとん服が

ちょっと前に出ています。

これを一昨日飲んだんですが
いままでが嘘だったように
悩んでいる部分が解決していきました。

変に仕事とかについて
考えている時は
体調不良を
疑った方が
良いですね。

ご心配をおかけして
すいませんでした。

仕事を再開します

フリー音源を作るのを
再開しています。

今日はブログも
仕事場で書いています。

フリー音源は
もうちょっとストックを増やす
頻度を上げた方が良いかなと
思いますので

焦らず増やして
いこうと思います。

ブログもそうですが
ちょっとずつ自分のペースで
できる仕事のやり方を
選んできています。

いまは山の七合目か八合目くらいの
感覚
です。

もうちょっとで頂上の景色が見えそうなので
このまま頑張ってみようと思います。

まとめ

今日は統合失調症の治療のはなし
仮説や投薬治療

そして自分の
とん服について

そしてフリー音源について
おはなししました。

変化を感じますので
対応できるように
やっていきたいところです。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただきありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716071221