8bit音楽とは?

チップチューン
言われるような

8bit音楽に
ついて

今日は
書いてみます。

重複するような
ところも
あるとは
思うのですが

できるだけ
わかりやすく
書きたいと
思います。

8bit音楽とは?

それでは、行ってみましょう!

いままでも
チップチューン
という言葉の
文脈の中で

8bit音楽について
紹介したことが
ありましたね。

チップチューンについては
こちらをご参照ください。

8bit音楽とは?
ということですが

チップチューンの中でも
CPUの演算が
8bitなものを
指すと考えて
良い
と思います。

具体的には
ファミコンやゲームボーイ
などが
それに該当しますね。

チップチューンと
8bitの違いで
混乱する方は
こちらの記事を
ご参照ください。

8bit音楽の特徴

具体的な曲や
特徴を
述べたほうが
わかりやすいかも
しれません。

チップチューンや
ファミコン音源の
はなしをする時に
よく登場するのが

naruto2413さんの
Artificial Intelligence Bomb

と言う曲です。

こちらの
曲は

チップチューンを
代表する一曲で

Famicompoという
コンペティションで
オリジナル部門
一位だった曲です。

この曲を
分析してみると

基本は3音で
書かれていて

音程のある音は
3つしか
同時になっていません。

明らかに
5音くらい聞こえるような
ベースソロのような
フレーズもありますが

ファミコン音源の
特性を
最大限に活かすと
こういう曲になるようです。

ファミコン音源の
基本的に音程のある音は3つで

矩形波が2つ
三角波が1つ

という制約を
忠実に守っています。

後は
ドラムとして
ノイズや
DPCMにあたる
チャンネルが
使われています。

8bit音楽に
ついては

制約や
仕様といったものが
結構大事なので

気になる方は
調べてみてくださいね。

まとめ

今日は
8bit音楽とは?

ということで
その内容について
書いてみました。

普段は
私も
8bit音楽を
作っております。

よろしければ
聞いてみてくださいね。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718655773