オルゴールで使われるブラームスの子守唄について解説

今日は
クラシック音楽の
はなしです。

オルゴールで
よく
使われる曲に

ブラームスの
子守唄が
ありますよね。

今日は
ブラームスが
なぜ
子守唄を
作っていたのか?

という
おはなしを
しようと
思います。

ブラームスは
とある
作曲家夫妻と
仲が良く

そのご縁で
子守唄を
作っていたんだよ
という
おはなしです。

オルゴールで使われるブラームスの子守唄について解説

それでは、行ってみましょう!

さて
オルゴールに
ついて
調べてみると

クラシックの
作曲家の

ブラームスの
子守唄の
話題を
よく目にします。

私は
ブラームスが
大好きで
よく聞いているんですが

彼が
子守唄を
作っていたのには
理由があり

その
理由について
詳しく
書いてみようということで

筆を
取っています。

ブラームスは
とある
クラシックの
作曲家夫妻と
仲が良かったんですよね。

それについて
詳しく書いて
みますね。

ブラームスはシューマン夫妻と仲が良かった

ブラームスは
シューマン夫妻と
仲が良かったそうです。

シューマンも
有名な
作曲家で

「トロイメライ」などが
子供のために
作られた曲として
有名ですよね。

シューマン:トロイメライ

もともと
ブラームスに
すごい才能がある!

ということを
音楽出版社に
アピールしていたのも
シューマンなんだそうで

ブラームスと
シューマンは
深い関係に
あるんだそうです。

シューマンは
旦那さんのほうが
そうした
才能の発掘を
していたんだそうですが

それは
奥さんの
クララ・シューマンも
同じだったそうです。

シューマンが
入院することに
なった時に

ブラームスは
シューマンの
家庭のサポートを
していたそうです。

シューマン家には
7人の
子供がいて

その子供たちとも
ブラームスは
親睦が深かったんだ
そうで

そうした
背景から
ブラームスも

良い
子守唄を
たくさん
残していると
考えられています。

ここには
詳細は
書きませんが

ブラームスと
クララ・シューマンは
その後不思議な関係になり

ブラームスと
クララの関係は
とても深いものだったと
言われているんだ
そうです。

詳細について
詳しくは
こちらをお読みください。

シューマン家の
8人の子供についても
詳しい記事
あるようです。

気になる方は
あわせて
読んでみて
くださいね。

まとめ

私は
高校3年の
ピアノの発表会で
ブラームスの
6つの小品という
曲を弾きました。

6つの小品 第二曲

こちらの曲は
亡くなった
クララのために
書かれたといいます。

http://nekopiano115.blog.fc2.com/blog-entry-1210.html

クララが
亡くなったあとで
ブラームスも
後を追うように
なくっているんだそうです。

こうした
曲との
出会いも
ありますが

なぜか
ブラームスには
ご縁を感じますね。

クラシックも
面白いなと
思います。

また
ちょっとした
小話を
しますかね。

需要が
あればという
感じですが笑

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718446799