チップチューンの機材を紹介します

チップチューンと言われる
8bitや16bitの
楽曲を制作する際に

使うと
有用な
機材の紹介を
したいと思います。

既に入手困難な
ものもありますので

入手方法や
入手の難易度などについても
おはなししていきます。

チップチューンの機材を紹介します

それでは、行ってみましょう!

チップチューンと言われる
8bitや16bitなどの
音源を鳴らす際に

ファミコン実機や
ゲームボーイ実機
または
メガドライブ実機
などを

使う方法が
あります。

私の専門は
ファミコンやゲームボーイ
また
ちょっとだけスーファミという感じで
偏ってはいるのですが

知識がありますので
お伝えしようと
思います。

ファミコンから

最初は
ファミコンの機材から
参ります。

多くの人が
気になっている項目と
思いますが

私が使っているのは
テラネットワークシステムさん
という
自主製作ハードウェアサークルさんの
作っていた

TNS製品を
使っています。

こちらに写真もあります。

私の使っているのは初期のTNS-HFC1-Eです。

TNS-HFCシリーズですが
こちらはとても
入手困難
です。

頒布当初も
開始して
10分程度で売り切れるような
人気の製品でした。

現状
生産されていないこともあり
ヤフオクやメルカリなどで
出てくるのを待つしかありません。

みていると
たまに出品があるようですので
キーワード登録して
首を長くして待つと
良いと思います。

こちらは
NSFと言われる
専用の
形式のファイル
を作り

SDカードに
格納して

リセットボタンを押して
再生する

というような
装置になります。

チップチューン界隈の人たちが
ライブなどでよく使っている
製品です。

また
この
TNS製品とは別に

へけけくんさんという方が
ふぁみみみっでぃ
というハードウェアを
作っていらっしゃいます。

コミケなどで
頒布されているようです。

たまに
Twitterなどで
通信頒布も
しているみたいです。

以前ですと
MIDINES
という

海外製の
製品が
主流で使われていました。

初期の
NES BANDなどが
有名だと思います。

こちらは
海外で生産されていたものですが

最近だと
さきほどの
へけけくんさんと
コラボして

ふぁみみみっでぃの
海外バージョンが
出ているようです。

こちらは
一時的に
売り切れていますね。

入荷するのを待ちましょう。

まとめ

本当は
ゲームボーイの
機材も
紹介したかったのですが

文字数の関係で
またにしようと
思います。

入手困難な
機材が多いのですが

実機で鳴るのには
ロマンがあって
良いですよ。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716250580