AppleMusicでハイレゾロスレスの曲を試す

昨日は
AppleMusicを
契約して
みました。

二ヶ月ほど
無料期間なので

この
期間に
試すべきことを
考えてみます。

AppleMusicでハイレゾロスレスの曲を試す

それでは、行ってみましょう!

Spotifyの
契約期間が
切れそうに
なっていたので

良い機会かなと
思い

AppleMusicを
契約して
みました。

AppleMusicは
二ヶ月の
無料体験期間が
ありましたので

そちらを
利用してみることに
しました。

ハイレゾロスレスについて

最近は
音楽も
良い音で
聴きたい!

という風に
変わってきている
私です。

Spotifyの音質が
最大320kbpsですから

Apple Musicでは
劇的な変化ですね。

Apple Musicでは

ロスレス
(24bit/48kHz)とか
ハイレゾロスレス
(24bit/192kHz)とか
あります。

ハイレゾロスレスは
情報量が
多いため

もし
いまの
Macで
試すのであれば

外部の
オーディオDACの
ようなものが
必要です。

私は
オーディオインターフェイスを
持っているので

そちらで
対応可能かなと
思い
試してみることに
しました。

スペックが足りなかった

いまの
Macは
2017年の
MacBookAirの
CTOモデルです。

このくらいの
スペックだと

制作環境を
ハイレゾロスレスに
対応させるのは
不可能
でした。

まだ
個人では
難しそうな
気がします。

ちょっと
前に

flacとかで
ハイレゾを
試していた
時代からすると

だいぶ
ハイレゾも
利用しやすくは
なりましたが

もうちょっと
いろいろと
対応してこないと
厳しいなと
思いました。

Logicで
設定を
いじってみましたが

音が
ブツブツして
とても無理でしたね。

いま
使っている

motuの
microbook II

最大
24bit/96kHz
対応なので

もし
ハイレゾロスレスに
対応するなら

Macの買い替えやら
オーディオインターフェイスの
買い替えで

機材を
一新しないと
いけないようです。

iPhoneの
場合は

DACが
必要な
ようなので

こちらも
障壁が
ありました。

ハイレゾロスレス対応の曲

宇多田ヒカルの
ULTRA BLUE
などは

ハイレゾロスレスに
対応している
ようでした。

昨日
自分が
聞いている中で
見つけたのは

YOASOBI
曲でした。

こちらの
最新リリースや

THE BOOKの
2などは
ハイレゾロスレスに
対応しているよう
です。

THE BOOKの
無印の1のほうは
ハイレゾには
対応していないようでした。

YOASOBIの
初期の
リリースは

音質が
悪いみたいな
はなしも
ありましたが

私には
よく
わかりません。

ハイレゾはまだ趣味の世界

ハイレゾロスレスは
コストの
面から見ると

まだ
趣味の
領域
かなと
思います。

ですが

いわゆる
CDの音質の
16bit/44.1kHz
からは

変化すべき
タイミングかなと
思っています。

私は
ひとまずの
制作環境を

24bit/48kHz
として
みました。

本当は
ハイレゾみたいな
世界は
大好物で

いろいろと
試してみたいのですが

機材投資が
できないので
もうちょっと
我慢する必要が
ありそうです。

ポータブルアンプ
みたいなものは
買ってみても
良いかもしれませんね。

まとめ

今日は
ハイレゾについて
考えてみました。

これから
Spotify HiFiなどが
登場するようで

そちらも
よければ
試してみようかなと
思っています。

続報に
ご期待ください。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716185124