サイレースを減薬した時のブログを見返していました

精神科で
使われる
睡眠薬に
サイレースという
お薬が
あります。

今日は
その
お薬を
減薬した時の
おはなしを
しますね。

サイレースを減薬した時のブログを見返していました

それでは、行ってみましょう!

まずは
今日の
一曲から
ですね!

ドラクエ1フィールド

さて
ブログの
アクセス解析を
眺めていると

サイレース関連の
キーワードを
みかけました。

サイレース
というのは

フルニトラゼパム
という
お薬で

精神科で
睡眠薬として
使われる
お薬に
なります。

こちらは
かなり
効き目は
良いのですが

依存性などの
副作用も
結構あって
減薬したいと
思われている方も
多いようで

私も

頑張って
減薬をしたことが
ありましたので

自分の
体験から
おはなししたいと
思います。

私のケース

私の
場合ですが
いまは

デエビゴと
ロゼレム
という
組み合わせで
落ち着いています。

デエビゴは
ベルソムラを
改良した
お薬のイメージです。

私は
ベルソムラは
悪夢の副作用が
あって
うまくいかなかったの
ですが

デエビゴは
うまく
はまったようで

ロゼレムとの
組み合わせで
うまく
睡眠が
取れています。

ロゼレムの
ほうは
睡眠の
リズムを
整えるような
お薬ですね。

こちらも
良い
お薬です。

いまは
精神症状を
抑えるような
薬剤のほうは

三ヶ月に
一度の
持続性注射に
なっていますので

出ている
お薬は
この

デエビゴと
ロゼレム
のみです。

サイレースからのお薬の候補

もし
サイレースで
眠れているので
あれば

そこから
少しずつ
お薬を
変えていくのも
いいのかも
しれません。

こちらは
自分だけの
判断ではなく
必ず
医師と
相談して
いただきたいんですが…

サイレースからの
移行になると
サイレースが
フルニトラゼパムと
言われますので

ニトラゼパムといった
薬も
候補に
なりますでしょうか。

一般的な
名前だと
ベンザリンに
なります。

サイレースも
ベンザリンも
ベンゾジアゼピン系に
なりますので

長期の
使用は
控えたほうが
いいとされています。

こちらの
お薬の
後に出た
お薬で

先ほど
登場した

ベルソムラ
というものが
ありますが

こちらは
作用が
サイレースや
ベンザリンと
異なるものです。

ベルソムラや
デエビゴと
言った
睡眠薬は
オレキシン受容体に
作用します。

こちらは
安全性が
高いそうで

高齢者施設などでも
利用されている
ようです。

サイレースから
減薬されるので
あれば

ベンザリンに
変えて
様子を見たり

デエビゴや
ベルソムラと
言った
お薬が
候補に
なるかもしれません。

睡眠の状態を整える

以前
大学で
教えていらした
精神科医の
主治医に
教わったのですが

睡眠の状態を整える

という
意味の
専門用語が
あるそうです。

こちらも
睡眠の
ためには
とても重要です。

できるところだと
朝は
しっかり起きて
日の光を浴び

日中は
軽く散歩をして
身体を
動かして

ご飯も
3食
しっかりと
食べるように
します。

お昼寝を
しても
良いですが

15時くらいまでを
目安に
しましょう。

15時くらいが
昼夜逆転の
睡眠の
境に
なります。

寝る直前は
何か
物を食べたり

刺激や
興奮するような
ゲームなどは
控えます。

私は
最近は
落ち着けるような
オルゴールを
聞いていますが…

CARILLON LULLABIES

こういった
音楽には
沈静化の
作用があり

睡眠薬や
お薬の
効果を
高めてくれるものと
思います。

少し
寝つきが
悪い場合は

ボリュームを
しぼって
こういった
音楽を
かけておくのも
良いかもしれませんね。

寝る前の
スマホも
控えて

ランタンなどで
あかりを
つけて
本を
読まれると
良いでしょう。

睡眠時間は
8時間を
目安に

時間だけで
なく
しっかりと
眠れた感覚が
あるように
していきます。

こうした
生活が
続いていけば
減薬も
うまくいくことと
思います。

焦らず
取り組んで
みましょうね。

まとめ

今日は
お薬の
おはなしを
いたしました。

飲んでいない
方に
とっては
なんのこっちゃ!
だとは
思いますが

睡眠の
状態を
整える
というのは

どんな人でも
有効ですので
是非
試してみて
くださいね。

最後に
なりますが

統合失調症の
方が
自己判断で
断薬・減薬を
すると

高確率で
病状が
急性期に
戻って
再発・再燃
いたします。

自己判断で
お薬を
やめることが
ないように
ご注意
くださいね。

実際に
私が
見返していた
ブログは
こちらになります。

http://ranaponz.blog.fc2.com/

何かの
参考に
なれば
幸いです。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716252752