気づけば来年アラフォーだ〜

Image by F. Muhammad from Pixabay

皆さんこんばんは。今年も大変お疲れ様でした。

今年の振り返るもそうですが、過去10年かそこらを振り返ってみたら、いまやるべきこともわかるのかな?と思ってそうしようと思います。

中学生の頃は英語が特に好きな科目だったんですが、英語は新しいことが手になじんでいく感覚が好きでした。新しいことが身につくのは昔から好きなようです。そう考えると今やっているチップチューンとかはやっぱり一過性のものなんだなとつくづく感じます。基本は過去の焼き回しですからね。

(2010年前半)2010年-2014年くらい

Photo by Ernesto Norman on Unsplash

2010年くらいからあまり何をしていたのかの記憶がなかったりします。大学生は続けていたように思います。この頃はまだ野田先生にかかっていました。東京生活を送っていましたね。

2011年の3月に東北の大震災があり、そのちょっと後くらいから障害基礎年金をいただく生活がはじまります。なお、この時にいただいた年金は東北にだいぶ支援のため、と銘打って使っていた気がしますね。30万くらいするSOHOの教材とか買ったりしてました。手に職をつけるので必死でした。

2012年の9月くらいに大学をやめているはずです。悔しかった気持ちはそのままですが、自分の自己管理能力のなさも露呈していたように思います。病気のこともあって、大学にはあまり通えていませんでした。

20代の半ばくらいから、整体に通ったりして、自分の身体をメンテすることを覚えてきました。

2015年〜2017年

Photo by Alexandre Pellaes on Unsplash

2015年の3月くらいに実家に帰省しています。今思うと帰ってきて本当に正解だったなと思います。

帰ってきて、友達作りもそうですが、自分にとっては人脈とかもあまりなかったので、ボランティア活動をしていました。TEDxMATSUMOTOのスタッフをやって、その流れでNPO法人のお世話になり、いまよく遊ぶ友人と出会います。ボランティアもいいものかもしれないとこの時に思いました。

実家に帰ってきたのだから、また吹奏楽をとも思いましたが、実現するのは5年後でした。結構時間がかかりましたね。

この頃はまだ、東京の病院に通う生活を送っていました。10月くらいにMega Ranさんの「RNDM」のリリースがあり、BillBoardなどにも乗って思い出になりました。制作期間はタイトでしたが、作曲家の山根ミチルさんとご一緒するなど、自分の中でもターニングポイントになったなと感じました。

2017年の夏頃に、音楽仲間の友人がなくなりました。その頃に自分を戒める目的でブログ毎日更新をはじめました。元は山根ミチルさんがやっていらっしゃったのを見よう見まねではじめたものです。

2018-2020

Image by F. Muhammad from Pixabay

2017年くらいにマストドンのインスタンスfriends.nicoという場所に居場所を見つけて過ごしていたのですが、それが2019年年4月になくなりました。2017年くらいはまだ誹謗中傷とかの後遺症が抜けきっておらず、その反動があって友人を傷つけてしまったこともあったので、自分改革のために、Twitterから場所を変えようと思って登録したのがきっかけでした。いまはfriends.nicoのメンバーも登録しているfriends.cafeという場所にいます。

2018年の10月に「餅太郎で歯が欠けたろう」というアルバムをリリースしました。この頃は「良い曲がかけなければ音楽をやめる」という気持ちでいっぱいで、なんとか自分と向き合って生み出した曲だったりしました。多くの人に愛される曲になって本当によかったです。

https://xrayer.bandcamp.com/album/–4

2019年は趣味の着地点を見つけようとテニススクールの見学に行ったり、のちに所属することになる楽団の見学に行ったりしていました。この年は友人とポケモンGoをしてよく外に出て遊びました。いまの時代のようにリモートレイドパスがなかったので、自転車を漕いでプレイしたりしていましたね。懐かしいです。

仕事面では2019年の4月くらいにLiberation From…の音楽のお誘いを受け、着手していました。一年くらい制作に集中し、完成させました。

2020年の3月くらいに主治医に翻訳の仕事を提案していただき、変更点があって英語の勉強を再開しました。5月くらいにアメリアという有料のコミュニティに所属し、仕事を受注しはじめます。

30の頃に立てた目標

Image by Free-Photos from Pixabay

30の頃に秋葉原のナノラボという会社の社長さんに「ライフプランを練ってみてはどうか?」というはなしをしていただきました。ちょうどお金のことで悩んでいるタイミングで、目先のお金のことに流されそうになっているタイミングだったりします。

その時はバリバリ音楽をやる気持ちがあったので、「10年後には仕事でアメリカに行く」という目標を立てていました。

そこから5年ほどたった今なのですが、音楽をやる気持ちはちょっとだけ薄れ、アメリカに行く部分だけが残っているように思います。

ここから先の10年のこと

Image by Sasin Tipchai from Pixabay

お金のことを先に考えてしまう癖がついていますが、お金で言えば年収400万〜600万を目指したいなと感じています。この10年で英検一級を取りたいと感じています。余裕があれば大学も卒業まで持っていきたいですし、結婚もしたい。やりたいことは多いです。子供も欲しいな〜。

仕事として何をするか、まだ迷っていますが、英語の勉強は続けると糧になるなと感じているのと、いずれ必要になる能力なので、英語は継続的にやるつもりでいます。英語のちょっとずつできるようになっていく感覚は好きです。

音楽も成果が出せるように続けていきたいなと思います。音楽に関しては本当に焦らず腰を据えてやっていきたいです。副業の範囲で構わないかなと思い始めているところです。大事なのはそこじゃないよなと。

ライフプランを練る上で大事なのは次の10年を考えることでしょうか。10年後には40代になっています。45歳と言えば、もう50歳が見えている年ですね。45歳の時に子供も生まれていればいいかなと思います。自営業という身分上、一生働くことは確定なので、長く続けられる仕事がしたいなと思います。

40歳の時に、子供が生まれればなんとか60歳までには成人になりますね。後5年。この間が勝負な気もします。運よく行けば36歳か37歳くらいで結婚になるでしょうか。これは頑張るしかありません。(私らしいといえば、そうなのかもしれませんが、結婚遅いな〜笑)

来年の終わりには十分に収益化できるくらい、お金をいただける事を考えたいですね。勉強頑張ろうと思います。

今年もありがとうございました

Photo by Courtney Hedger on Unsplash

次の10年まで、意外と時間がないことがわかってきました。焦る必要はないのかもしれませんが、一個一個確実にこなしていきたいと思います。

今年もありがとうございました!

良いお年をお迎えください!

rana

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1721124792