タイムリミット

おはようございます。今朝は雨が降る前にいろいろとこなしたので、ブログの更新が遅くなってしまいました。朝、まだ暗い街を歩きました。お金が入ってくる日だったので、いろいろと金策を練ったりもしていました。まま、お金のことはちょっとずつですね。今日は、タイムリミットについて考えてみたことをシェアしたいと思います。

タイムリミット

35になり、マッチングアプリなどでも思うようにマッチングしなくなってきました。歳を感じますが、自分にとってのタイムリミットが近づいてきているのを感じています。

親が元気なのはもう2〜3年かなという感じです。健康寿命的に後3年もすれば働けない時期になると思うので、それまでになんとかしないとですね。音楽ができなくなるのもそのくらいのタイミングかもしれません。

いまは音楽は仕事として頑張ろうという気持ちもある反面で、趣味とか副業の範囲でもいいのかなと思う気持ちも強くなっていたりします。他にやりたいことがあったりとか、ほかのことでも自分の世界観みたいなものは体現できることがわかっていますので、どうしようかなという感じです。音楽がめちゃめちゃお金になればいいんですが、そういうわけでもなく、これから不安なので音楽も続けながら、仕事としてはほかのことをするのも良いのかなと思ったりしています。

放送大学の講義は二学期もありまして、そちらもこなしたいと思っています。放送大学はそのまま大学院で学ぶことを検討しています。来年の一学期も継続して学生をしてから学位授与機構で学位を取る感じになりそうです。それでやっと大卒の資格が取れるので、応募できる案件が増えるといった流れですね。

必要に応じて翻訳の通信教育を受けてみようかなと思ったりしていますが、学費の問題で足踏みしていたりします。

自分にとってのリミット

リミットになるところはどこかな?と思ったりしているんですが、減薬がひと段落したら、始動かなと思っています。仕事を本格的にするタイミングというのは、減薬が落ち着いて、準備が整ってからだなと感じていて、そこまではもうちょっとです。そのもうちょっとが長い気もします。

音楽を頑張って副収入を得るのは悪くないと思っているので、音楽は音楽で頑張ろうと思っています。もうちょっといまのままの状態が続きますかね。

心配なのは、一度体調を崩してしまうと、その状態は比較的長く続くということです。働けない時間も長いので、そうすると受注産業の翻訳の仕事は心配ですね。あまり身体が強いほうではないので、ストックの音楽の仕事を頑張るのが良いのかなという葛藤があります。

低収入でも確実に稼げるほうが良さそうなので音楽を続けるのも良いかなと思っています。何より、自分が強く興味を持てることでないと続かない気がしますので、そこも気をつけたいところです。

思い出すのは、なんのやる気もなかった中学生時代に頑張っていたのは英語だったなということですね。英語と音楽は頑張っていました。

感触は掴んでいるので…

フリー音源サイトで感触は掴んでいるので、そのまま続けると良いのかなと思っています。後もうちょっとだなと感じるところまではきているので、それを伸ばしていく感じですね。

35歳で転職のタイミングかなぁとも思うんですが、もうちょっと頑張ってみても良いと思っていますので、そうしたいと思います。

英語の勉強も作曲も次につながるアクションだと思いますので、どちらも頑張りたいですね。

それでは、今日はこんなところで。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1719027384