合同面接会での違和感

おはようございます。昨日は雨でしたね。今朝も雨が降っていますが、今日は気温があがるようです。昨日は合同面接会に行ってきましたが、そこで感じた違和感なんかがありました。最近は大学の友人とよく連絡を取るんですが、違和感を感じただけでも収穫があったように思います。今日は違和感の正体について書きたいと思います。

合同面接会での違和感

それでは、行ってみましょう!

昨日はブエナビスタで障害者向け雇用の合同説明会でした。

ブエナビスタの入り口
こんな案内がありました

障害者向けの雇用を検討している企業と求職者のマッチングの会のようでした。

入り口で検温をして、簡単なプロフィールカードに記入。求人票を受け取って待機していたんですが、なんかもう違和感がすごかったです。

どうやら先ほど書いたプロフィールカードを使うようなんですが、履歴書を持ってくるんじゃなかったのか…ってなりました。企業も障害者にはそこまで求めないってことなんでしょうかね。

求人票を見ていると、ワクワクするというより、もう帰りたい気持ちが強く、はなしを聞いてみたいと思う求人を出している企業が一社もなかったので、トイレに行くふりをして帰ってしまいました。

はい、そうです。面接会といいつつ、面接まで行きませんでした。

違和感の正体というのはほかでもない、自分がお金のために働こうとしているということですね。

仕事をしないとお金が入ってこないのはあるとは思うんですが、いまの私はお金目当てだったので、どういう仕事をどんな風にしたいかというビジョンが曖昧でした。

加えて、障害者雇用ですから、誰でもできる仕事が割り当てられたり、短期雇用の契約になったりします。そういう条件でも、いまの音楽を投げ捨ててやりたい仕事なのか。答えはノーでしたね。

以前から、友人と話していたんですが、企業に就職するなら首都圏だね、ってはなしになりました。田舎には職がないですね。

強い違和感を面接会で覚えて帰ってきましたが、友人にそのことをはなしたら、そういう違和感を感じ取れただけでも収穫だと思うよ、って言われました。

もうちょっと今の仕事を頑張ろう。そう思いました。

仮想通貨のブースト

昨日は面接会までの時間に、お金のことを考えていました。

ちょっと現金を用意する必要があるなぁと思ったんですがそういえばと思って仮想通貨のマイニングのクラウドブーストに課金してみました。

ビットコインのマイニングの画面

1500H/sが元のスピードで32xのブーストがかかって50000H/sだそうです。

試しに1日マイニングしてみたんですが、1日で2000satoshiほどマイニングできました。いままでと比べるとはるかに早い感じです。

2000satoshiなのでいまのままだと赤字です。ちょっと工夫が必要そうだなということで、実験がてらジャンクのAndroid端末をゲットしてマイニングしてみることにしました。

どれだけ掘れるかはまだ未知数ですが、これでお金が入ってくるようになれば、無理して障害者雇用で働く必要もないよなと思ったのがきっかけだったりもします。

クラウドブーストは1ヶ月の期間で買ったので、また見直しが入ると思います。

収支のバランスを見ながら進めていきたいところです。

今日はおやすみにしてみます

昨日の合同面接会で疲れているのもあるので、今日はおやすみにしてみます。

また気力を蓄えてから作曲に戻ろうと思います。

昨日の面接会でいまの音楽の仕事を頑張ってみる気持ちがより一層強くなりましたので、頑張ってみますね。良い起爆剤だったのかもしれません。

それでは、今日はこの辺で。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1721122384