人生の棚卸し「高校生編。恋愛」

人生の
棚卸し

高校生編の
恋愛編です。

中学生編の
時に
伏線を
貼っておきましたので

今日
回収したいと
思います。

人生の棚卸し「高校生編。恋愛」

それでは、行ってみましょう!

以前
中学生編で
伏線を
貼っておきました。

今日は
その
伏線を
回収したいと
思います。

部活の先輩

あれは確か
高校一年の
冬で

アンサンブルコンテストの
時期でした。

ふと
打楽器パートの
一つ上の
先輩の
はなしになり

たまたま
打楽器のことで
私の
元カノさんの
はなしになりました。

すると
よくよく聞いてみると
なぜか先輩が
私の元カノさんを
知っていました

構図としては
こういうことらしいです。

私の元カノさんの
お父様が
学校の先生を
やられていて

打楽器パートの
先輩の
恩師の先生が
その先生だったそうです!

なんという偶然…

打楽器パートの
先輩が
元カノさんの
携帯の番号とかも
知っており

久しぶりに
電話で
話したりとかして
いじられたり
しましたが

こじれていた
関係が
解消しました。

ご縁ってあるんだなぁ

一年生の時に
三年の先輩が
全国経験者だった
はなしを
ちょっとだけしましたが

先輩の
恩師の先生の
赴任先に
一緒に行くことになり

よくよく
行き先を
確認すると

元カノさんの
いる学校だったり
しましたね。

私が
三年に
なった時は

一個下の
二年生の後輩が
つながりが
ある状態なので

元カノさんとも
仲がよく

学校間で
楽器を借りたりするのも
スムーズだった
みたいです。

狭い世界では
ありますが

私の
失敗も
無駄じゃなかったのかな

なんて思ったりも
しました。

中学生の
時は
何もしてあげられず

ただただ
情けない男で
振られて終わって
しまっていたので

高校生になって
いろいろと
恩返しが
できたかなという
感じでしたね。

まとめ

今日は
高校生編の
恋愛について
おはなししました。

明日から
大学生編に
はいります。

舞台は
東京へ。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1716757697