中学生の作曲の宿題のやり方について解説

最近は
中学生の
宿題に
作曲の
課題が
出るんだ
そうです。

私も
中学生の
授業で
作曲の
課題が
あったなと
思い出しました。

いまは
作曲で
ある程度
収入を
得ている身分
ですので

今日は
中学生向けに
作曲の
宿題の
こなしかたについて

お伝え
しますね。

中学生の作曲の宿題のやり方について解説

それでは、行ってみましょう!

さて
私の
ブログの
解析を
みていると

作曲の
やり方

特に
中学生の
宿題の
こなし方で
苦労されている方が
いらっしゃるようでした。

私は
普段
作曲を
していて

たまに
アメリカ人などにも
楽曲提供を
しています。

こちらは
実際に
一部を
楽曲提供した
アルバムになります。

RNDM

こちらは
ビルボードの
一部チャートにも
上位に乗ったようでした。

今回は
作曲を
1からすべて
教えるという
記事では
ないのですが

宿題を
こなす

というところで
必要な知識などを
お伝えしたいなと
思います。

目標を決めて作曲のハードルを下げる

まず
やるべきことは

目標を
明確に
することです。

今回で
あれば

宿題を
なんとか
こなすという
ところなんですが

作曲
というと
身構えてしまって
やはり
難しいイメージが
あるんですよね。

なので

一番
気をつけないと
いけないのは

うまい曲を
作ろう
とか
立派な曲を
作ろう
としないことです。

そういうやり方は
プロの作家でも
しませんし
もしやるとしても
行き詰まる方法に
なります。

一番は
せっかくの
音楽なので

まずは
音楽や
作曲を
楽しむところから
はじめます。

歌詞に対してメロディーをあてる方法

宿題では
歌詞に
たいして
メロディーを
あてるような
課題が
出るそうです。


それを
曲に
する
という感じですね。

実はこれ
結構
難しいんですよね。

メロディーと
いうのは
かなり
出たとこ勝負な
要素が強く

ひらめかないと
いけない部分が
結構
あります。

ドラゴンクエストの
作曲家の
すぎやまこういち先生が
おっしゃっていましたが

理屈を
こねくりまわした
ような
メロディーというのは
あまりよくなくて
すらーっと
出てきたメロディーが
良い

という
ことは
あると
思います。

結構
メロディーって
誰でも作れそうな
イメージが
ありますが

制約も
多くて

宿題で
どうしようか
悩んでいる
段階では
厳しいと
思います。

その場合
どうするか
というと
和音のことから
考えていくと
ヒントが
出てきます。

音楽の三要素について

少し
中学生の
音楽の
教科書を
みてみてください。

そこにも
書かれていると
思いますが

音楽には
3つの要素が
あります。

それが

メロディー
リズム
ハーモニー

です。

この中で
一番重要なのは
リズムに
なるんですが

この三つが
あれば
曲が
成り立ちますので

大きくわけて

  • メロディーを作る
  • ハーモニー(コード)を考える
  • リズムを乗せる

という
三つが
大事に
なってきます。

さきほど
お伝えした
通り

メロディーから
作る方法
というのは
意外と
苦戦する場面が
あるので

今回は
ハーモニーの
コードのほうから
せめていくことに
します。

コード理論の使い方について

ハーモニーに
ついて
ですが

こちらは
山のように
理論が
あります。

今回は
必要なところだけ
ピックアップします。

和音について
基本的な
勉強というのは
今回は
すっ飛ばしますが

やはり
よく
使われるコード進行
というのが存在します。

JPOPサウンドの核心部分が、実は1つのコード進行で出来ていた 前編

この
王道進行と
呼ばれている
コード進行は

おそらく
宿題の
範囲であれば

このコードだけで
うまく
切り抜けることも
可能だと
思います。

急ぎの
場合は
このコード進行を
うまく使って

メロディーを
乗せて
提出するような
方法も
あるでしょう。

ただ
それだと
みんな
同じ曲に
なって
面白くないので

おすすめするのは
耳コピです。

耳コピのやり方

耳コピ
なんて

思われるかも
しれませんが

耳コピは
普通に
プロも
やっています。

というのも
現場では
楽譜や
それに準ずるものが
与えられないことも
多いからですね。

耳コピの
やり方について
ですが

まず
好きな曲を
用意します。

こちらは
100回
200回

聞きますので

簡単そうな曲
とか
ウケが良さそうな曲
ではなく

何度聞いても
飽きない曲や
好きな曲が
良いでしょう。

あなたの
好きな曲は
なんですか?

次に
耳コピを
していきます。

耳コピは
楽器などが
あれば
それが
補助として
使えますが

もし
楽器が
ない
場合は

iPhoneや
iPad
また
パソコンなどの
フリーアプリを
使って

一度
入れたものを
修正しながら
進めていきます。

アプリについては
こちらを
ご参照ください。

初心者向けの無料の作曲アプリのオススメ3選

無料の
アプリを
集めて
みました。

8bit音楽を作るフリーソフトのご案内

8bit系
だけでも
これだけの
フリーソフトが
あります。

iPhoneや
Macなら
ガレージバンド

Androidの
場合は
Cubasis LE

Windowsの
場合は
Studio One
などが
良いと思います。

元に
なる曲を
再生しながら

スマホや
パソコンで
採譜をしていきます。

耳コピの
時に

わからないコード
よく採れないメロディー
うまく音符にならないリズム

などが
どうしても出てくると
思います。

そういった
部分というのが
おそらく
その曲の
鍵になる部分です。

(さきほどの
王道進行の
ような
理論から
はずれた
味付けになる部分
ですね。)

耳コピも
なんとなく
取る方法も
ありますし

必要な
ところだけ
採るという
方法も
ありますが

できるだけ
完コピすると
実力が
つきます。

補助ソフトとしては
聞々ハヤえもん
などが
あります。

http://hayaemon.jp/

こうした
補助ソフトを
使うのも
いいでしょう。

耳コピは
細かい理論
よりも

気合いと
根性が
大事です。

採譜が
できてきたら
次に進みます。

耳コピしたコードとリズムを使ってメロディーを作り直す

さきほど
耳コピした
データの

メロディーを
消して
コードと
リズムだけに
します。

その上に
メロディーを
自分で
歌詞にあわせて
作り

おかしいところを
修正して
完成としましょう。

そんな
方法で
作れるのかな?


思われるかも
しれませんが

実はこれ
私自身が
作曲初心者の時に
やった方法に
なります。

手の内を
あかして
しまいますが

また出会えた季節
という
曲を
書いたことが
ありまして…

また出会えた季節

この曲は
元になった
楽曲というのが
存在します。

まさに
いま
ご紹介した
方法で
書いていまして

元ネタは
ここでは
明かしませんが

聞いてもらうと
かなり
そっくりです。

私の
はじめて
書いた曲
のような
ポジションの
曲ですね。

作曲の
方法では
こういった方法を
意図的に
取り入れるような
手法も
ありますね。

まとめ

今回は
中学生の
宿題で
出るような

作曲の
課題について
書いてみました。

私の
ブログでは

ファミコン音源などの
8bit系の
記事を
かなり書いていますが

最近は
需要が
あるようで

スマホでの
作曲の方法や
ChatGPTを使った
プロンプト作曲といった
記事を
公開しています。

8bitな音源の作曲アプリ、iOS編

こちらや

8bit音楽の作り方講座その2-スマホ編-

こちら。

また
AI作曲に
関しては

チャットGPT(ChatGPT)でAI作曲をするための準備

こちらの
記事などが
あります。

ChatGPTなど
AIを
使えば
作曲も簡単に
終わるのかも!?


淡い期待を
抱く方も
いるかもしれませんが

実は
作曲は
AIには
苦手なことの
オンパレードです。

正攻法で
行った方が
簡単で
早く仕上がると
思いますので

宿題
最後まで
頑張ってくださいね。

何か
質問など
ありましたら

ブログの
問い合わせや
LINEから
お願いいたします。

それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき
ありがとうございます。

また明日です!

3 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1718481282